息ピタ(シューピタ) 副作用

息ピタに副作用の心配はない?

 

息ピタってすごく良さそうなんだけど、副作用の心配はないのでしょうか。

 

毎日飲むものだけに、気になりますよね。

 

そこで息ピタの副作用について調べてみました。

 

息ピタの成分

まず、息ピタの成分なんですが、選別された14種類の植物を主成分にしています。

 

この種類の多さ、贅沢な配合には驚きますね。

 

 

すべてご紹介すると、

  1. しその葉
  2. 柿の葉
  3. キダチアロエ
  4. 緑茶葉
  5. 山椒
  6. 熊笹
  7. レモン
  8. ヨモギ葉
  9. ヒノキの葉
  10. もみの葉
  11. 甘茶ツル
  12. 人参の葉
  13. 松葉
  14. シラカバ

になります。

 

ご覧のように、多くが森の植物なんですね。

 

これらが、フィトンチッド効果を出してくれるんです。

 

自然のパワー フィトンチッド効果とは?

フィトンチッドとは、森を爽やかに清々しくしている成分です。
もっと詳しく言うと、森林の樹木などが自ら作りだす殺菌性の揮発性物質です。

 

これは、植物に侵入しようとする有害な菌などの微生物、昆虫から、自らを守るため作り出しているものです。

 

土に根ざして生きる樹木は移動できず、外敵からの攻撃を受けても避難できませんね。
それで、フィトンチッドを作りだして、それを発散して自らを守っているんです。

 

これによって、森には爽やかで気持ちのいい空気が広がっているわけです。

 

 

森へ行くと悪臭の原因となる動物の死骸や枯れた木などがあるのに、臭わず、爽やかな空気が広がっているのはフィトンチッドのおかげなんですね。

 

息ピタは、これらの植物を独自の特許出願技術で3倍に濃縮、このエキスが体内に溶けて広がり、悪臭の原因にアプローチしてくれます。

 

こんな自然の成分でできた息ピタ、副作用の心配はまずないと言っていいでしょう。

 

 

 

そもそもサプリメントであり、医薬品ではないので、副作用を起こす科学的なものは入っていません。

 

それぞれの植物や他の添加物にアレルギーのある方は反応を起こす可能性もありますので注意しないといけませんが、これはいわゆる副作用とは言えません。

 

 

植物エキスのほかに、使われている全成分は、べに花オイル、グリセリン、ゼラチン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウです。

 

アレルギーについては、飲む前によくお確かめください。

 

 

口コミも随分と目を通しましたが、副作用がでて困っているといったものはみませんでしたよ。

 

息ピタには、特に副作用の心配はいらないようで、安心しました。

 

 

強いていえば、「無臭をまとう」という効果を実感してしまうと、辞めたくなくなってしまうことですね(笑)

 

でも、これ半分本当で、もう手放せないという口コミ感想をお持ちの方が大勢いるんです。

 

【臭ピタッ!】初回限定1,080円